フランス語を学ぶ

CREIPACのフランス語クラスは2001年に欧州評議会にて開発されたヨーロッパ言語共通参照枠(CECRL)に準拠しています。

ヨーロッパ言語共通参照枠は、カリキュラムの構成や指導内容の調和を目的に、全世界で採用されているガイドラインです。このガイドラインにより学習者のニーズをより考慮した指導が出来るようになったと同時に、資格や証明の標準化が出来るようになりました。

CREIPACではこのガイドラインに基づき、授業に参加する生徒に合わせ、ニューカレドニアの生活環境とその文化特性に沿った最適な教材を使用する独自の学習プログラムを作り上げました。

本校の教師陣はこの教育方法に賛同し、カリキュラムの形成に参加しています。

クラス紹介

どんなレベルでも、あなたにふさわしいクラスがあります!

短期集中クラス

このクラスは二週間にわたって、午前中に3時間(計30時間)行われます。和やかな雰囲気の中フランス語を実際に使い、間違いを直したり、新しい文法や表現法を学ぶことができます。ニューカレドニアの文化についても学びます。グループでの申し込み(6人以上)の場合、授業内容や期間などできる限りご希望に応えます。

プライベートレッスン

生徒の要望に合わせて授業を行います。個人レッスンから4人までの同じレベルの生徒とのレッスンが可能です。

大学生のためのクラス

教授からの依頼によって、大学生に向けて行われるクラスです。授業内容はカレドニア文化を様々な観点から学びながら言語力を高めることを目標としています。研修内容に応じた見学をしたり、外部の専門家の講演を予定しています。大学の仏文科からの依頼により、研修の最後にはヨーロッパの規定に沿った評価をおこないます。

中高生のためのクラス

このクラスでは会話を中心に、フランス語を聞き取る力、話す力を伸ばします。遊びの要素を加えることで楽しみながらフランス語を習得してもらいます。

ニューカレドニア在住の外国人のためのクラス

ニューカレドニアにお住まいの方を対象に、一般教育機関の修業期間中、週2回午後(計6時間)フランス語の授業をします。 年末にはフランス語習得のレベルを試すために、フランス教育省認定のDELFもしくはTCFの試験を受けることもできます。